アマゾンで買い物して携帯代を年間10万円安くしよう(後編)

987ec5ade207ab3835519143f6a8603a_s

みなさん、こんにちは。金券買取業界のご意見番、でかっちです。
前回の続編、「アマゾンで買い物して携帯代を年間10万円安くしよう。」の後編です。

前回のおさらいですが、安くするポイントは格安SIMに乗り換えるということ、そして、ネックになっているのが「現在ドコモに契約している以外はメリットが受けられないのではないか?」という点でした。でも、「蛇の道は蛇」と申します。抜け道がありました。

さて、ここからはアマゾンのご厄介になります。いつもありがとう、アマゾン様さま。
スマホは日本では契約会社以外はSIMを入れ替えても使用することはできません。いわゆる「SIMロック」ってやつなんですが、これもまた「ロック」されてると「アンロック」したくなる人がいるのも世の常。そうなんです。このSIMロックを解除する「アンロック商品」を売ってる人がいます。もちろん、合法です。自分のホームページで売れば、それはそれでいいのですが、やはり、販売の王様「アマゾン」で売れば、販売数が圧倒的に伸びるんですね。
アマゾンで手数料を引かれるとしても、数の論理で売り上げが大きくなるわけですから。

試しに、アマゾンに行って「SIM解除アダプター」でサイト内検索をかけてみてください。山のように出てきます。そして、それぞれが安い。1,000円未満で買えるんです。安いものは500円ってのもあります。そのSIM解除アダプターを使えば、各携帯会社でかけているSIMロックが解除されて、あなたのスマホはSIMフリー状態になるんです。
もちろん、機種などによっては若干必要になるアクションもありますが、それは割愛します。

このように、たった500円でSIMフリー化できるのなら、携帯会社も無理にSIMロックにこだわる必要はないような気もしますが、そこはそれ、大人の事情があるんでしょう。

で、SIMフリー化したスマホの誕生となる訳ですが、そこに格安SIMを差してドコモの電波に乗って重苦しい携帯代金地獄から抜け出すことができるという訳です。

では、月々いくらになるのか?という疑問が残ってくる訳ですが、詳細は検索して調べて頂くとして(自力で調べるということがあなたの切実な本気度を測る一つの目安にもなります)、タイトルの通り年間で10万円を削減するのも夢ではありません。しかも、節約して使っている訳ではなく、普通に使っているのに、ですよ。

それと、肝心な格安SIMは一体どうやって契約するのか?という点。
実は、これもアマゾンのお世話になるんですね。というよりは、何かモノやサービスを買おうというアクションを起こそうと思ったら、アマゾン内で検索してみるといいんです。
アマゾンは「お買い物サイト」ではありますが、今や「商品・サービスポータルサイト」と言っても過言ではないと思います。私もご多分に漏れずアマゾンでIIJという会社を見つけ、即ポチッとして、今やリサイクル屋で購入したdocomo版のiPhone6 plusに格安SIMを積んで、iPhoneライフを楽しんでいます。
そうそう月額の料金ですが、初月は事務手数料2,000円が乗ったものの、その他の月は平均して2000円/月を切っています。概ね1,700円前後です。どうです?年間10万円の削減はオーバーじゃないでしょう?

今回のアクションでは、アマゾンギフト券を持っている人なら、すべてそれで完結できますし、この際だからiPhoneも新しい機種にしたいと思っていらっしゃるのであれば、お手元のアマゾンギフト券を当社にお売り頂ければ、新機種購入代金に充てられるということになります。
アマゾン同様、当社のアマゾンギフト券買取を上手に活用して、楽しいデジタルライフをお送りください。

HOME