買取をしてもらうことができないアマゾンギフト券の例は?

amazonギフト券

アマゾンギフト券の買取業者では、さまざまなタイプのギフト券を買取して現金化してくれます。アマゾンギフト券を持て余していて、手元に現金が欲しい時などには非常に重宝するサービスであるといえるでしょう。

しかし、どのようなタイプのアマゾンギフト券でも、分け隔てなく取り扱ってくれるというわけではないようです。今回は、買取をしてもらうことが難しい、アマゾンギフト券の種類についてまとめてみました。

・買取できるアマゾンギフト券タイプは買取業者によって異なる

基本的に、買取ができるかどうかはその業者側で決められています。取り扱いができるアマゾンギフト券の種類については、業者のサイトに必ず明記されているはずです。

ほとんどの業者で取り扱いが可能とされているのが、Eメールタイプのアマゾンギフト券です。最低買取金額などが異なりますが、たいていの業者の場合このタイプは買取可能としています。

また、カードタイプや印刷タイプタイプなども、多くの業者で取り扱いが可能です。ただし、印刷タイプについては、PDFタイプとコンビニ専用機によるシートタイプでは取り扱いが異なるため注意が必要です。買取率や買取可否が変わってきますので、必ず確認するようにしましょう。

・買取が難しいのはチャージタイプ

アマゾンギフト券の中で、少し趣旨が異なるのが、このチャージタイプのアマゾンギフト券です。購入時、すでにアカウントに登録されてしまうため、購入者以外のアカウントに追加することができないのが買取不可となる理由になります。

すでにアカウントに追加してしまった各種ギフトコードも買取NG

Eメールタイプやカードタイプなどは、通常買取可能なアマゾンギフト券になりますが、アカウントに追加してしまった時点で、それらのコードは使用済みとなってしまいます。このような状態になっているアマゾンギフト券やギフトコードは、業者に買取してもらうことができなくなりますので、注意が必要です。しかし、中にはすでにアカウントに登録してしまったギフトコードでも、買取してくれるような業者も存在しているようです。

HOME