アマゾンギフト券の有効期限ってあるの?どうやって確認するのか?

timerecorder01_01

アマゾンギフト券は自分で買い物に使うこともできますし、不要なら買取店に売って現金化もできます。
非常に便利なんですが有効期限ってあるんでしょうか?
普段あまり気にしない部分だと思います。

結論から言うと、アマゾンギフト券には有効期限があります。
有効期限内に使わないと無効になってしまうんですね。
一般的な金券のほとんどは有効期限が設定されていますがそれとまったく一緒なんです。
アマゾンギフト券はいくつかのタイプがあってタイプによっても有効期限は変わります。
Eメールタイプやカードタイプ、チャージタイプなどは発行から1年。
法人向けは発行、もしくは有効化してから2年。
シートタイプは発行から3年です。
シートタイプは有効期限もとても長いのでまだいいんですが、もっともよく使われているEメールタイプやカードタイプは1年と短い有効期限が設定されているんですね。
1年あれば十分と思うかもしれませんが使わずに忘れたアマゾンギフト券なんかはあっという間に有効期限が切れてしまいます。

じゃあ、自分が持っているアマゾンギフト券の有効期限を確認するにはどうすればいいんでしょう。
有効期限があると知らなかった人は特に気になりますよね。
アマゾンギフト券の有効期限はアマゾンのサイトで確認できます。
まずはアマゾンにアクセスして、アカウントサービスという項目をクリックしましょう。
すると支払い方法の設定という項目があるページに飛ぶのでその中のアマゾンギフト券、アマゾンショッピングカードという項目を探します。
そこに残高・利用履歴を確認するという項目があるのでクリックしましょう。
こうすると現在持っているアマゾンギフト券の有効期限と残高が確認できるわけですね。

せっかく買ったアマゾンギフト券も有効期限が切れるとまったく意味のないものになってしまいます。
有効期限が切れる前に使い切るか、もし使い道がないなら買取店に売って現金にしましょう。
現金なら有効期限はないですし、アマゾン以外のお店でも使えるのでかえって便利かもしれませんね。
インターネットで検索するとアマゾンギフト券の買取店がたくさん出てきます。
買取率、つまりいくらで買取してくれるかはお店ごとに違うのでできるだけ買取率の高いところを選ぶコツですね。
これさえ知っておけば不要になったアマゾンギフト券や有効期限の近いアマゾンギフト券を現金化して無駄をなくせます。
とても便利なサービスなのでアマゾンギフト券をよく使う人は抑えておきたいですね。

HOME