アマゾンギフト券換金の買取額はどうして変動するのか?

36645ce32719bb44df93f9afb6a64216_s

アマゾンギフト券は、買取業者によって買取額がさまざまです。また、その日によって買取額や買取率に変動が出る場合もあります。これは一体どうしてなのでしょうか?

買取業者の換金ルートの問題

まず、買取額が業者によって異なる理由ですが、その理由の一つとして換金ルートの違いなどがあげられます。業者側としても、買い取ったアマゾンギフト券は、何らかの形でお金に変える必要がありますが、その手段や換金を依頼する業者によって得られる金額というのは異なってくるのです。

業者側としても、当然もうけは必要です。ですので、買取業者から先の換金ルートの換金率が低めの業者は、全体的に低く、高く売ることができる業者は、買取率も高めの傾向になるのです。

需要との関係も大きい

アマゾンギフト券は、ギフト券の種類やタイプによっても買取率が異なる場合があります。これは、商品の需要が高いかどうかという点と関係しています。人気があり需要の高いタイプのアマゾンギフト券は、すぐに買い手がつくため、高い買取率がつけられる傾向にあります。一方、人気がなく需要の少ないタイプのギフト券の場合、在庫が増えてしまいやすくなりがちです。このように需要の少ないものを高額で買取してしまうと、いつまでもうれず業者側の儲けがなくなってしまうことに持つがなりかねません。そのため、買取率を低く設定して、バランスを取っているのです。

アマゾンギフト券の使用期限も買取額に関係あり

アマゾンギフト券には、使用期限というものがあります。期限が切れてしまっているものは、当然買取をしてもらうことはできませんが、期限切れが近づいているアマゾンギフト券についても、買取額が低くなる可能性があります。これは業者によって対応が異なる点ではありますが、在庫として持っているうちに期限切れしてしまうリスクを踏まえて、低めに買取をする場合があるというのが理由になります。

このように、業者と取引のあるルートやその時の需要などによって、アマゾンギフト券の買取額は変動する場合があるのです。アマゾネックスでは、買取率の変動があった場合でも、買取契約をする前にお知らせいたしますので、安心して利用いただけると高評価をいただいております。アマゾンギフト券の買取依頼の際は、ぜひご相談ください。

HOME