Amazonギフト券の買取ができるお店は?ネットショップだけ?

YUKA150701098458_TP_V1

Amazonギフト券は、基本的に取り扱わない金券ショップの方が多くなっています。その理由は、取り扱いにリスクがあるからです。Amazonギフト券には、カードタイプであればコードが印刷されていて、それを入力することで利用をする仕組みになっています。このコードは、たとえ未使用であったとしても、販売店できちんと決済されていない場合は使用することができません。つまり、盗難によって流通したカードは、いくら使っていなくても利用することができないのです。したがって買取店は、当該カードがきちんと決済されているものなのかを確認するすべはないため、取り扱わない傾向にあります。
ただし、すべてがそのように取り扱っていないのではなくて、中には取り扱いのある店舗もあります。そういったところは、あえて積極的に差別化を図る目的で、店頭やホームページで宣伝を行っているため、それを基に利用可能な業者を探すと良いです。また、ネットショップには取り扱いができるお店も多いです。これも同様に、積極的に宣伝をしているので、それを基に探すと良いでしょう。
その他、最近はAmazonギフト券を出品して販売できる個人取引サイトが多数登場しています。これは、コードや有効期限、券面額を入力し、希望の販売価格を入力して出品するシステムになっています。そして、出品されているAmazonギフト券はトップページに一覧として、価格が低い順に表示されていきます。購入希望者はそれを見て、希望条件にあっているものを選んで購入をします。一度購入すると、相手が特に問題がなかったと申告しない限り、30分で取引が確定します。また、すぐに問題がなかったという申告がなされれば、数分で決済が可能となります。売買した代金はアカウントにプールされて、それを銀行送金で引き出すことで現金を手にすることができます。手数料は出品する時にはかかりませんが、落札されたときに、その額に応じて手数料がかかり、出品時にも同様にかかります。そのため、意外とコストがかかりますが、取引価格の相場自体が、中間マージンがないため高いので、券面額の90パーセント以上で取引できる点に魅力があります。
以上のように、Amazonギフト券の買取ができるお店はネットショップだけではありません。いくつかの方法があります。それぞれ特徴が異なるため、利用する際には自分の好みで選ぶと、失敗することはないでしょう。

HOME