Amazonギフト券をオークションで買い取りしてもらうメリットとデメリット

TC160130290I9A6551_TP_V

Amazonギフト券は、オークションでも人気のカテゴリーで、たくさんの取引がなされています。そのため、使わないAmazonギフト券を現金化する方法として、オークションを活用することにはメリットがあります。なぜなら、通常の金券ショップではAmazonギフト券の取り扱いがないことの方が多いからです。その理由は、カードタイプのものは、販売している店のレジを通していないと使うことができません。しかし、外部からはその点を確認することができないので、取り扱う際に利用できないものが混じってしまう危険があります。そのリスクを避けて、買取をしていないことが多いのです。
その点、オークションではやり取りがなされているので、売却先に困った場合であっても現金化することが可能です。しかも、Amazonギフト券はコードさえあればすぐに利用ができるため、落札した人に対しては、カードタイプであっても現物を送る必要がありません。そのため、手間が省けますし、相手がすぐに決済できるネットバンクの口座で支払う場合には、即座に自分の口座に入金がなされるため、すぐにお金に換えることができます。これらの点が、Amazonギフト券をオークションで買取してもらう際のメリットと言えるでしょう。
一方、もちろんデメリットも存在します。それは、相手にきちんと正確なコードを伝えたとしても、それが使えなかったとして料金の支払いを拒否される可能性がある点です。もちろん、きちんとした落札者はそのような詐欺的な行為を行うことはありませんが、中には悪質な人もいます。悪質な人は、きちんとしたAmazonギフト券のコードを伝えても、それを利用できないといって支払いに応じません。当然、こちら側が確認をするすべはありませんので、その真否はわかりません。ただ、コードを自分のアカウントに入力してみてもすでに登録済みとなって使えなくなっていることが多く、明らかに詐欺であることが分かります。オークションで取引する際には、このようなデメリットがある点には要注意です。
ただし、デメリットは、料金を先払いにすることで回避可能です。たとえ相手が嘘をついていたとしても、先にお金をもらっていれば、返金に断固として応じなければ良いのです。もちろん、不当にいちゃもんをつけられる点は気分がよくはありませんが、仮に相手が何らかの法的な主張を行ってきたとしても、きちんと相手に情報を引き渡したことを主張すれば、特に不利益を負うことはありません。

HOME