Amazonギフト券買取を利用した換金の違法性は

TSUCH160130540I9A6568_TP_V

Amazonギフト券はAmazonのオフィシャルサイトから購入することができます。プレゼント等に最適であるギフト券の1つで、その金額内でAmazonで買い物ができます。多くの方がご存知のとおりAmazonで購入できるのはなにも本だけではありません。本以外にもゲームや電化製品、玩具など様々な物が購入できるのです。実はこのギフトカードですが、買取業者に販売し、現金に換えることができます。カードタイプのギフトカードであれば、実際に金券ショップで買い取ってもらうことができますが、しかし、Eメールタイプのギフトカードであれば買い取ってもらうことができません。ただし、インターネットで探せば、Eメールタイプのギフトカードでも買取を行ってくれる業者があります。これで問題になっているのが、クレジットカード現金化と言われる手法です。流れとしては次のようになります。所持している自身のクレジットカードのショッピング枠を使ってAmazonギフト券をオフィシャルサイトから購入します。それからそのギフト券を買取業者にメールで送信して、その対価として90%以上の換金率で買い取ってもらった金額を指定口座に振り込んでもらいます。これで現金化が完了します。初回の手続きには買取業者へ身分証明書の提出などが必要であり、いとも簡単にというわけではありませんが、午前中に申し込みをすれば、当日内に現金を手にすることが可能です。また携帯キャリア決済でもギフト券を購入することができます(Amazonのオフィシャルサイトからは携帯キャリア決済での購入はできないために、携帯キャリア決済でギフト券が購入できる業者を通して購入する必要がありますが)。ここで1つ疑問が生じます。それは、このような方法を使えば、現金化が実現できますが、違法性はないのか、ということです。結論から言うと、違法行為に該当します。クレジットカード現金化を利用した人が逮捕されるまでには至りませんが、最悪の場合、クレジットカード会社に目を付けられて、利用しているカードの利用停止、強制解約に繋がります。なにせ違法行為であるのは疑いようのない事実であるため、発覚すれば解約は免れない事態となります。ただ、これはクレジットカード現金化の場合であり、Amazonギフト券を周りの人からプレゼントとしてもらって、それを換金するのであればモラルの問題はさておき違法性はないと言えます。

HOME